トップ

株式投資の基礎を知ろう

2通りの株式投資

株取引

株式投資の際の注文方法

株式投資を行う際の注文方法には2通りの方法があります。ひとつは成り行き注文です。これは、価格に関わらず、全ての注文数量が執行されるまで買い、もしくは売りを行う注文です。そして、価格を指定して注文を出すのが指値注文です。この場合には、注文が約定するかどうかは分かりません。どれだけの数量が約定されたかはリアルタイムで確認することができます。価格や出来高、板と呼ばれる基本情報は証券会社から提供されるアプリケーションや電話での照会で可能です。投資をする際には、これらの情報を簡単に入手できるように、幾つかの証券会社に口座を持つことをお勧めします。

株の注文に関する基本情報

株式投資を行う場合、最初に覚えておきたいのは注文の際に必要となる基本情報であると言えるでしょう。一般に取引を行う場合の注文方法には二種類のものが存在しており、一つは成行注文であり、もう一つを指値注文と言います。この用語はあらゆる場面で必要になりますので覚えておいて損はないでしょう。前者は金額を問わずにとにかく取引を成立させたい場合に用います。いくらでも良い方売って、あるいは買ってという注文方法です。それに対して指値注文はこの金が出買う、あるいは売るという意思表示です。急いでいる場合を除けは指値で注文を出すのが投資の基本的な形です。

新着情報

↑PAGE TOP